KOWAから待望のマイクロフォーサーズ超広角単焦点登場!

そしてまた半年のご無沙汰ご容赦、仁太郎です。
誰か読んでくれてるかしらこのブログ(笑)。

今度は父が亡くなって、4歳甥っ子は短い間に人の死を見過ぎじゃねーかなとちょっと不安になったり、いや生きる指針が出来たりするのかなと考えたりしてたのと、このサボり具合に相関はありません。

さてInterBEE、仕事溜めたりなんやかやで最終日の終わり際にギリ滑り込むダメっぷりでした。BlackmagicDesignのブースでけー。広い写真撮ってないや、てか持ってったカメラがテストしようと持ってった趣味用かつ変なのばっかでしたからね。某兄貴写っちゃってるスナップで雰囲気だけでも。以下写真はヤフオクで割安にお譲りいただいたCマウントSchneider Xenon 25mm/F1.4とE-PM2でお送りします。
BlackmagicDesign booth

ARRIのAMIRAたん現物初めて見た、これまた意外とでけえ、重い。実際担いでみた報道カメラマンさんによると印象は「カタい」。ううむこういう上等なカメラに対するボキャブラリーを持たぬ私には色々と分からぬ。

ARRI AMIRA

しかししかーし!最も私の心を捉えたのは、なんと星屋さん鳥屋さん御用達、オタク的にはいにしえのアナモフィックレンズで印象深いメーカー、ウェブサイトにもうアイソン彗星の写真載ってるぞのKOWAであった。

何の前触れもなくマイクロフォーサーズ用単焦点レンズ一挙6本を堂々ラインアップ!

KOWA Micro Four Thirds Primes
いずれもマニュアルフォーカスで8.5mm/F2.8、12mm/F1.8、16mm/F1.8、25mm/F1.8、35mm/F2.0、50mm/F2.0。全長7-8cmに重さ325-340gの扱い易いサイズ。

KOWA 16mm and 8.5mm

待望の超広角単焦点8.5mm/F2.8と手頃な広角16mm/F1.8は来年2月頃には発売できる準備が整っているとか。遂にマイクロフォーサーズ動画者が求めていた最後のピースが嵌まる!これだけではるばる幕張メッセまで足を運んだ甲斐があったってもんだ。てかInterBEE、規模的にビッグサイトでもできそうな気がするんですけど来ません?(笑)

あ、ちなみに「アナモフィックレンズは出さないんですか?」と聞いてみると「今のところ予定はありません。今回20人くらいに聞かれましたよ」ですって。意外といるな同好の士。Letusから出ちゃったし、SLR Magicも試作中だから商売的には難しいかも知れませんが、ズバッとシャープで作りの良いKOWAのアナモフィックレンズもまた見てみたいなあ。

広告
    • newscam
    • 2013年 11月 16日

    仁太郎さん 報道カメラマンです。昨日はどうもありがとうございました。めっちゃ楽しかったです。これからもよろしくお願いしますです。ハイ(^^)
    煙たい族は僕と仁太郎さんだけで、店の外でプカプカするのはめんどくさかったですね。今度行くときはパカパカ吸えるとこで飲みたいですね。

    「カタい」と言うのはSONYさんのENGに比べて「隙がない」印象だったんです。作り込みはプロトタイプということでこれからも改良を経て世の中に出てくるんでしょうが、みんなに弄り回されてクランクランのファインダー一つにしてもSONYさんのENGに比べて位置決めが正確ですし、全体的に剛性の塊のような確かな印象でした。体に馴染むかと言われれば「そこはこちらが慣れていけばいいんじゃない?」という感じです。いずれにしてもスーパー35mm、200fps ARRIのDNAを熱く感じる彼女です。なんとしてもお試しして、いずれは導入に持ち込みたいんです。下請け会社のカメラ小僧の戯言で済まない作品を撮って、上の人間に「うん」と言わせたいと意気込んでいます。デモ機を独り占めにしてでもやったろ!! それと 僕のブログにリンク貼らして頂いてもいいですか?

    • こちらこそ昨日はありがとうございました。なるほど凝縮感ありますし、作りがすんごくアーノルドウントリヒターな堅牢さですものね。リンクもちろん歓迎です。更新少なめですが……うん努力します。

    • まるめ
    • 2013年 11月 18日

    こんばんは(^_^)
    先日は余りゆっくりとお話し出来ず残念でした…>__<…

    KOWAさんの中の人に、フィルター枠や全長などは可能なら同じに、そしてゴムでは無くギアを着けてちょー!とあの時お願いして来ましたですよ、私は(^_^;)
    それらが実現して、且つ高価にならずに市場に出現されます事を祈りつつ、、、おやすみなさいませ( ´ ▽ ` )ノ

    • 私はこんな製品が出るだけで嬉しくそこで思考停止していましたが、muuさんも「とりあえずこのゴムは無ェだろ」と説明員に小一時間説教してたそうです。(一部脚色ありw)鏡筒は同じ太さのようですしシネ的運用も考慮した設計には見えますから、絞りクリックなしギアバージョンもあると良いですね。

  1. 2014年 9月 20日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。