巴里のカメラ店

パリ滞在の最終日は、てくてく歩きながら実景を撮った。

ルーブル行くつもりがうっかり反対方面に歩いてしまいグラン・パレを撮ったり、市内至る所にあるレンタル自転車の前で面白イタリア人カメラマンが「かんたんに借りられますとかウソだ!チケット買ってアレしてコレしてってクソ面倒じゃねーか!」と毒づいてて笑ったり、コンコルド広場を二度通って細かい砂で真っ白になったりしてるうちに昼。ルーブルに着いて、噂通りガラスのピラミッドは作った奴空気読めてねえなあと感じつつ、日本でもおいしいパンを売ってるPAULが屋台出してたので、パン買って昼飯。

Paul's bread

ベンチの隣でらぶらぶちゅっちゅしてるカップルを呪いながら「こんだけ撮ったんだから、少しくらい趣味の時間取っても良いよね」とふと思う。

便利な世の中になったもので「パリ カメラ」と日本語でぐぐると、地下鉄のバスティーユ駅とシュマンベール駅の間あたり、ボーマルシェ通り沿いに中古カメラ店が並んでいる界隈があると、たくさんのページに書かれている。よーし、日本では高騰&払底してるアンジェニューのCマウントレンズでも拾って帰るか!

まずはルーブル付近で地下鉄の駅を探す。仏語は分かんないのでひたすら歩くが、なかなか駅にぶつからない。なんかエラソーなホテルがあったので、ホテルの人なら英語通じるかな?と黒人のドアマンのあんちゃんに「Do you speak English?」て聞いたら黙って胸のネームプレート指された。ユニオンジャックが付いてる。あんた英国紳士かよ、こりゃ失敬。

「地下鉄の駅どこ?」
「この裏」
「ありがと」

Bastille StationBastille

駅さえ見つかりゃ、パリの地下鉄(メトロ)はたいへんシステマティックで分かりやすいので、仏語分からなくてもアホでも目的地に着ける。速攻バスティーユ駅到着。ホテルでもらった地図を片手にボーマルシェ通りを目指す。

Bd Beaumarchais

つー訳でここがボーマルシェ通り(Boulevard Beaumarchais)。ちなみにおフランスでは「通り」には細いRue、でかい環状街路Boulevard、でかい放射状街路Avenueと3種類あります。日本みたいに碁盤の目じゃないから、地図がないとすぐ迷う。

ODEON

お、早速あったよカメラ屋さん。中古中心の割に洒落た店先だねえ、毎度お世話になってるFジヤカメラとはひと味違うぜ。品揃えは良いけど、きれいな中古が多いと云うことはお値段もよいのでスルー。

Violin shop

Motorcycle shop

Apple shop

この辺には楽器屋、バイク屋、Mac屋なんかも並んでる。お茶の水〜秋葉原みたいなもんかね。色々揃うし、華やか過ぎないし、パリに住むならこの辺が良いかのう。

Euro Photo

このお店は雑然とした品揃えで、ホコリかぶった小汚い個体も多く、掘り出し物の予感。店先だけじゃなくて店内にも在庫いっぱいありそうだったので、入ってみる。おお!このマットな銀色のステキ鏡筒はまさしくアンジェニュー!俺大歓喜。人気の25mm/F0.95とかでなく、スペック的にはどってこたない50mm/F1.8だが、安かったら路銀貸してくれた友人へのみやげにも良いしな!

「いくらいくらコレいくら?」
「325ユーロ」
「高っ」
「デジカメで使う人増えててねー、一時よりレアになっちゃったのよ」

日本と状況一緒じゃねーか!結局買わずじまい。
しかし噂に違わずこの辺はカメラ屋さんがいっぱいある。

Le Grand Format

↑大判屋。

Le Moyen Format

↑中判屋。

Leica

↑ライカ屋。

EPSON

↑エプソン屋……ってチャレンジャー過ぎないかw
覗いてみたら、スキャン/プリント関連製品のお店でした。なるほどそういう需要はあるか。

Medium Format Cameras

中判屋さんにはゼンザブロニカがそこそこ良い値段で売ってたりして、ちょっと誇らしくなっちゃったりする日本人小市民。

Cirque Photo

シュマンベール駅をうっかり通り過ぎて、サン・セバスチャン・フロワサール駅まで来ちゃったけど、まだカメラ屋さんあった。同系列だけど商品カテゴリごとに分けられたお店が軒を連ねてて、日本の大手カメラ店に似た雰囲気。ビデオ関連の品揃えがなかなかよろしい。

Steadicam for iPhone

しかしiPhone用ステディカムとか、店先に並べるほど売れるもんなのか?

Photo Beaumarchais

このお店もステキ。8mmの関連製品が充実してる。

8mm Products

カメラ、映写機、リール、スプライサー、入門書まで置いてるでよ。
さて、歩き疲れたから、カフェも充実してるバスティーユでコーヒーでも飲んで行こうかね。
ちなみに今回の写真はNokton 25mm/F0.95だけで撮ったよ(たしか)。
ほんじゃね。

Coffee

Paris Lenses

Madeleneボンソワール。なんの間違いか、仕事でリア充の街・パリにおります。

お題の一つ、パリコレに集うおしゃれさんのスナップを撮れというオーダーに、その辺疎い私がきちんとお応えできたかどうか、完パケるまでgkbrではあります。

しかしそれを撮りに集ってるカメコの面白さは私でもそこそこ分かる気がするので、旅先から更新してみちゃうよ!ヒマだからな!(←なら観光しろよ)

それがメインで撮ってたわけじゃないし、なんとなく写ってた動画からの切り出しも多いので、画像のクオリティについては広い心で見てね。

Overview

と云うわけでコンコルド広場、とあるショーの出入り口付近。セレブやモデルやその他のおしゃれさんが現れると、こんな感じにカメラマンだかエディターだかライターだか分かんない人たちが群がります。手にするカメラは人それぞれ。白い赤鉢巻を使うのがお作法とかそういうことはないようです。

5D2D700D700

しかしやはりキヤノン、ニコンが多いです。D3は見かけましたが、1D系は気づきませんでした。5D MarkII率が高かったことを思えば、ファッション系だけに撮像素子が大きいのが正義なんでしょうね。

XDCAMPalmcamShouldercam

ビデオの人はそもそも少ないし、持っててもパームトップカメラ。上右写真のような肩載せの人は少数派。脚みたいのは一脚ではなく、ウエストにアタッチするものに見えました。ロッドサポートはそのために付けてんのかな?XDCAMなんかにしても、日本に比べ装備がバラエティに富んでて面白いです。業界の社会文化的違いを反映してるのかも。

5D2 with Z-FinderOlympus PENSony Woman

一眼にZ-Finderの人もいくらかいたり。マイクロフォーサーズもちらほら見かけたけど、アジア人かつ日本人ではないっぽい人たちだったなあ。どこか流行ってる国があるのかしら。ドレスアップするからかPENが多くてパナ少ない。NEXも少なくて、Sonyの一眼に至っては使ってたのは右の姐御だけ。なんかよく分かんないけどカッコ良いぞ。

5D2 LadyCute Canon Girl645?

レディスのショーだからか撮る側も女性が多かった。特にズームじゃなくて明るい単焦点一本で勝負に出てる率は、女性の方が明らかに高し。しかし美しい娘さんが素敵なカメラ提げてるとキュンキュンしちゃうぜ。あ、肖像権的に問題があったら削除するから言ってね、って日本語で書いてもしょうがねえだろ卑怯者。この日の晩飯時にはショーの模様が印刷物になっててびっくりしたけど、このご時世に中判の人は趣味かしらん。

Olympus Girl

そんな中でも気になったのがこちらのお嬢さん。交換レンズをビニール袋に入れてる周到さから、コンコルド広場の白く細かい砂埃の厄介さを知り尽くした地元の人かとお見受けするが、ボディはキヤノンデジタルなのに、レンズは単焦点もズームも古いオリンパスという不思議な組み合わせ。なぜか聞いたら、はにかみながら液晶を見せて「陽射しが強いとこのレンズ、フレアがいい感じなの」って、ほ……惚れてまうやろ!

Cannon Guy

しかし最も衝撃的だったのはこのおっさんの大砲である。どういうシカケか知らないが、下のレンズに映るものが撮れるわけである。日本だったら捕まるぞ!ホテルのネット環境貧弱だからまだくわしく見られてないけど、貰った名刺にあったアドレスのサイトに機材の情報あるかなあ。ちなみにwww.ausphoto.net

しまった!おっさんの写真で終わりたくねぇ!ので、フジツボフードが可愛いでしょな私のバックアップカメラGH1と、それで撮ったホテルの窓からの眺めで締めるといたしましょう。Au revoir。

Panasonic DMC-GH1 with 14mm/F2.5

View from Hotel Madeleine Plaza

Nikon 1はかわいいよ!

ようやく昨日発表されたニコンのミラーレスカメラ、Nikon 1。

デザイン、スペックともにネット上では絶不評なんだよね。マイクロフォーサーズを日々使って不満がない私にも縁はあるまいと思うけど、いくつか気になるところはある。

  • 640×240ながら400fpsのハイスピード撮影ができる
  • 不評のデザインだけど、シンプルでちいさいから手に取ったら印象違うかも
  • 撮像素子が1インチとはいえミラーレスの短いフランジバックだからマウント遊び可?

実際のところそんなに残念な子なのか、気になって新宿に見に行ってみました。

Nikon 1

新宿ニコンプラザ入ってすぐオブジェと共に展示。

注意書き:まだ発売前だからデータは持って帰っちゃダメよ。げげん。まだ試し撮りはダメか、出直そう……すでに何しに行ったんだ状態。まあ並んでるレンズで覗いた限りは、マイクロフォーサーズに比べても遜色ない解像感。持ち歩くにはもう少し広角が欲しいけどさ。

Nikon 1 J1

まずはファインダーなし液晶46万画素のJ1。現物見ると案外ちいさくてソリッドで可愛いよ!マイクロフォーサーズの下位機やNEXと数字で比較されるとデカい印象あるけど、あっちは小さく薄くし過ぎな気が。ホールド性はこのくらいが妥当に思える。実機だとパネルラインや各種穴もさして目立たない。キットレンズ鏡筒のコーディネイトも○。ブツ撮り栄えしない形なんだなきっと。

Nikon 1 J1 in a hand

海外サイトの写真を評して「ガイジンは手がでかい」などと口さがない人もいましたけど、スタッフのお姉さんの手にもすっぽり。

Nikon 1 J1 - Red

赤が鮮やかで良かったなあ。記者発表で「アメリカ人は赤が好きだから」と云う発言があったそうだけど、アメリカ人ならずとも欲しくなる良い色。

Nikon 1 J1 - Flash pop-up

EOSHDでは「私の歯ブラシの方がマシなデザイン」とまで書かれたフラッシュだけど、マジックハンド式よりこっちの方が質実剛健だと思う。内側には金属の補強が入ってます。

Nikon 1 V1

で、こっちがファインダー装備、液晶92万画素のV1。コンパクトデジカメ然としたサイズなのに、ファインダーも液晶もすげえ見えが良いよ!すごく鮮明で精細でフォーカスアシストなくてもピント取れるよ!スペック的には現行の主要一眼レフと同クラスだから驚きのない人もいるだろうけど、日頃GH2使ってる私にはね(笑)。J1も精細さは負けるけど鮮やかさは変わんない感じ。ニコンのサイトで液晶の構造上「空気層が無い云々」って読んだけど、そういうのが効いてるのかな。

んでこっちはバッテリーが同社の中級一眼レフと共用なんですと。画角が135換算で2.7倍じゃ色々と使いどころが難しいかも知れないけど、サブに持つのに楽しげではあるね。

Nikon 1 V1 with Speed light

ショーウィンドウの中だけど外付けスピードライトやグリップも展示があった。記者発表で出てた動画フルアーマー仕様はなかった。残念。しかしこのフラッシュ当然似合ってて良いんだけど、シューが小さい独自型なんだよね。

Nikon 1 V1 Accesory port adopter

フツーのシューは別売り。サイズ的に仕方ないのかも知れないけどイヤン。

さてあと確認すべきは、他社のレンズが付けられるのかどうか。私的にはマイクロフォーサーズのレンズが付けば万々歳なんだけど、さすがに撮像素子の大きさ違い過ぎて、このカメラのCXマウントは径が全然小さいからそれは無理。でも16mmカメラや監視カメラのCマウントだったらどうか。それにはカメラちゃんがレンズの存在を認識できなくても、シャッターを切らせてくれる機能が必要。所謂「レンズ無しレリーズ」の可否だ。

LCD screen

おりゃ!見っけ!これで今日の任務は不完全ながら完了だ!……って、カードなし時レリーズ?違うじゃん!気付いたの帰って来てからだよ!バカバカバカバカ俺のバカ!

今日の結論:このカメラはかわいい。

とまあここまで読んでくれた方、資料的価値ゼロメートルでごめんなさい。実際ハイスピードや社外レンズが使えたとして、マイクロフォーサーズユーザで、ニコンのレンズもほとんどドナドナして米に換えてしまった私がこのカメラを買うかどうかというと……すみません実際に撮影してみないとニントモカントモ。

そんなんで何故に更新する気になったかというとですね、

Nikon girl

お姉さんが綺麗で写真撮らせてくれて、しかもブログ載っけて良いってイイ人だったから!やっぱり前向きに検討しよっと!

ほんじゃね。

GH2 in the Shell / 4518

遂に完成したmuuさんのGH2用ケージGHOST、私めも受領しまして速攻使用しております。まずは330UPR載っけただけで使ってるけど、どうよこの佇まい。

GHOST the cage for Panasonic DMC-GH2

GHOSTがナニモノか詳細はmuuさんのサイトTKYSSTDをご覧ください。要はカメラを保護し、様々なアクセサリーをがっつりと取り付ける土台です。世界的に流行したキヤノン5D MkII用は色々出てるのですが、GH2用はレア。しかも分厚いアルミから切り出して削り出して作った、こんな豪勢なのは田尻智も存在を知らないレベル。

GH2との接合は三脚穴とアクセサリーシューを利用します。しかしこの2つがほぼ同軸なのでmuuさん曰く「動くよ」。ご本人も色々模索してて、三脚穴座面に貼る材料を色々同梱してくださいましたが、結局私は東急ハンズで入手したオーディオ/置物用「フェルト工房 ノンスリップフェルト角3030」を使用してます。厚さ2mmもあるのをぎうぎう締め付けたら良い塩梅に動かない。しかしGH2壊れないか?(本末転倒)

使用感は素晴らしいの一言に尽きます。マイへっぽこ頭脳からは決してアウトプットされないであろう考え抜かれた機能性、日々使うに安心の剛性感、色々載せられる可能性は無限大……さあ誰も見たことのない地平へレッツゴー!

さてさて、前後してオリンパスの新しいレンズ、M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8もゲットしたですよ。

Panasonic DMC-GH2 with Olympus M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8

フードは、37mm径なんてビデオカメラみたいな細いのあるかいなと思ったら、パンケーキとかであるサイズのようで色々選べます。これはUNのアルミ製でまるい奴。レンジファインダー用風の穴がオサレでしょ。メーカーのサイトにもAmazonにも載ってないけど、ヨドバシカメラやフジヤカメラで売ってます。

このレンズもすでにその筋では評判なので細けえことはさておいて、今日はお休みだし天気もいいし、とりあえず晴海行って来ました。リンク先は参考になるか分かりませんが、撮って出しアホほどでかいJPEGなのでご注意。GH1で開放F1.8の時々PL入り。

晴海埠頭

ちなみにGH2はケージから外すの面倒だから、GH1に付けて、ストラップたすきがけして、カブにまたがって東京横断。見た感じダメ中学生なのかダメ中年なのかよく分かりませんが、別にお見合いに行く訳じゃないからいいもん。

晴海埠頭の船

船だっ!そりゃ船もいるわな、埠頭だからな。

ゆりかもめ

鳥だっ!うまそう。

ゆりかもめ

開放だとそれなりにゆるいけど、今までこの焦点域で使ってたキヤノンNFD 50mm/F1.4に比べたら断然シャープだし、補正されてるのか知らないけど収差は少ないし、オートフォーカスは静かで速い。マニュアルフォーカスでもピントリングが適度に粘って超快適。3万円でおつりが来るメイドイン深圳なのが信じられない優等生。

ゆりかもめ

ゆりかもめ

しかしゆりかもめと云う鳥は、綺麗だけど顔がどことなくマヌケである。日頃賢しげで哀愁漂うカラスや、ストレートにバカなトンビを見慣れているせいでそう感じるのだろうか?

犬

犬だっ!食ったことないから味は分からない。このレンズは、こういうゆるふわポートレートを撮ってくださいって作られたんだね。この子はシャイだそうで、飼い主のご夫婦のカメラにも私のカメラにもなかなか顔向けてくれませんでした。

Kawasaki Ninja ZX-9R

忍者もいたぞ。この年式のZX-9Rってカッコいいよな。これのプロモーションビデオがまたすこぶるスタイリッシュで良いんだけど、時機を逃すとああ云う映像って、なかなか見られる機会がないな。

FIAT 600 Multipla

なんか途中にフィアット600ムルティプラもいた。学生の頃、晴海でバイトしてる時に初めて本物見て感動した記憶があるけど、もしかして同じ個体かしらん?グリルのところ、古いレンズだとパープルフリンジが盛大に出るところだぜ。なかなか優秀。

三原台稲荷神社

夜はこんな感じ。近所のお稲荷さん。

4518 Bokeh

丸ボケきれい。

てな感じでなかなか良いっスよ、このレンズ。超オススメ。

ヨドバシの兄ちゃんも「この前出たばっかですけど、なんかすごい売れてます」て言ってました。消費者もバカじゃないもん。ゆるふわ写真撮るのには、明るいレンズが必要だって気付いてるもん。それもマイクロフォーサーズだったら、このくらいの明るさは欲しいよね。

そんな訳で、NFD 50mm/F1.4をリプレースして持って歩こうかなと思ってます。

ほんじゃまた!

おどうぐばこ。

暑い日が続きます。

ご無沙汰しております仁太郎です、皆様いかがお過ごしでしょうか?

て、3ヶ月ぶりだよ!最早logじゃねえ!

すみませんあんなことしたりこんなことしたり走り回っていたのですよ。

そして身軽を身上にしていたのに、なんか最近ワイヤレスマイクその他機材増えちゃったもんだから、どこへ行くにも寸詰まりの弁慶よろしく両手いっぱいの大荷物で汗みどろになり、ヘトヘトで新幹線から降りて丸ビルを見上げては「格差社会……」とつぶやく絵に描いたような負け犬になっておりました。

で、もうバッグをいくつも持つより、でっかくなってもキャリーカートにひとまとめにしようと思い立ち、ギャラも出たのでPelicanの1514を入手しました。

Pelican1514

とにかく頑丈なでっかいケースをお安く欲しい訳だから、アフターサービスは置いとくことにして並行輸入品をヤフオクで。アメリカ現地価格は笑っちゃうくらい安いから通販で買ってもいいんだけど、1コだけ買うと送料も笑っちゃうことになるからね。

本題に戻る。Pelicanって普通は緩衝材のウレタンが付いてるんですけど、このモデルはその代わりに小物をたくさん入れるのに便利なディバイダー仕様になってます。(同じケースでウレタンのモデルは型番が1510)このくらいの大きさがあれば、私が日頃使ってる機材は三脚以外だいたい収まっちゃうのです。

Pelican1514_Inner

普通の業務機でこうは行かん。コンパクトなGH2ならでは。これで飛行機や新幹線に乗る時も、ゴロゴロ引きずってけば楽になるよ!やったねたえちゃん!

さて、軽いコーデュラナイロンのバッグとかでなくPelicanにしたのは、雨風に強いってこともあるんです。てか防水防塵。Pelicanなんて知らねーよというひとも、軍隊警察からダイバー、ミュージシャンまで色んな人が使ってるから絶対見たことあるはず。つまり、こう。

Pelican1514_on_SuperCub110Pro

ほーら、ぴったり。

郵便屋さんがカブのフロントに郵便鞄を乗っけてるの見たことあるでしょ?私のカブもほぼ同じ仕様なので、フロントのカゴを外すと鞄を載せるのに丁度いい作りになってるんです。買う前にカブのステーにメジャー当てて測ったら、Pelicanの寸法の方がちょっとでかい感じだったんだけど、ダメ元で試したら突起物の分とか含まれてたのかホントにぴったり。

Pelican1514_on_SuperCub110Pro

要所要所に家具用すべり止めフェルトを貼って、ゴム紐で止めて完成。カッコいい留め具なんとかしようとか一瞬考えたけど、素人仕事よりゴム紐の方が安心。どうですこの馴染みっぷり、純正品かよ!って勢いです。

さて機材の増減がなければしばらくこれで行ってみますよ!

330UPR and 35BT

330UPR

ある案件で、どうしてもワイヤレスマイクが欲しかったのです。

しかし毎度機材屋さんで借りるには頻度高過ぎ、そして予算なさ過ぎ。

仕方ない、手の届く範囲で買うかと色々検討。民生機だとソニー ワイヤレスマイクロホン ECM-AW3とかCanon ワイヤレスマイクロフォン WM-V1とかカッチョいい上にBluetoothで音が良さそうなのがありまして惹かれました。家庭で使うなら断然おすすめなのですが、マイク筐体がトランスミッターと一緒になっててでかいし、会話を録るには2波は同時に使いたいなあ。そしたら素直に業務用行くか。贅沢を言えば業界標準のRAMSAが欲しいけど、そんな予算はございませぬ。だいたい受信機もENG用で巨大だろ。ということでAZDENのUHF B帯、DV用ラインのを買うことにしました。物色してた頃がちょうど更新時期だったようで、ショップのサイトには新型・330UPRと35BTが載っていましたのでそれに決定。

それから待つこと数ヶ月、なんか知らないけど遅延。そして震災。不躾だけどAZDEN
に直で問い合わせたら、なんだか意外と部品の工場が東北にあるんですって。ああ、大丈夫かな、がんばってくださいね……と思ってるうちに6月、無事発売。良かった〜。

Boxes of 330UPR and 35BTsという訳で神田はSystem5でお買い上げ。ボックスは段ボールにモノクロラベルのみ。余計な化粧無しで好感ですよ。上の細いの2つがトランスミッター35BTの箱。2人の会話を録りたいから2個買いました。下のちょい大きめのがデュアルレシーバー、つまり2波受けられる受信機、330UPRの箱。

330UPR unboxingうりゃさと330UPR開梱。今時らしく発泡スチロールの緩衝材とか無しで、段ボール折り曲げでその代わりになってますよ。入ってるのは本体と、これまたモノクロのペライチ取説と、いくらかの付属ケーブルのみ。シンプルそのもの。アンテナは可動。電源はアルカリ単三乾電池2本。AZDENの銘板は銀色でカッコいいぞ。

35BT and Cigarette box35BTトランスミッター本体の大きさは煙草の箱よりちょっと大きいくらい。筐体は高級感ある仕上げとは言えないけれど、雑に扱われがちな物だからこのくらいの方が惜しくなくていいのだ。35BTにはラベリアマイク(タイピンみたいなマイクね)が1つずつ付いて来ます。ミニプラグ/ジャックに抜け止めのネジが付いててまた良いぞ。こちらも単三乾電池2本で駆動。指定はアルカリだけど、Eneloopでいいよね。

330UPR with GH2

330UPRをGH2に乗っけてみる。でかw というかGH2が小さいんだよね。早くmuuさんのGH2用ケージ完成しないかなあ。実際デュアルレシーバーでこのサイズはどえらくコンパクト。気は心でアンテナを前面にしてみたけど、スイッチの状態確認やケーブルの取り回しからすると後ろ向けた方が良いかな?

んでちょっとテスト。音はAACで圧縮してるから参考にはならないかも。まあこんなもんでしょ。

AZDEN 35BT and 330UPR test from Jintarow Hattori on Vimeo.

痩せろ?ビッグなお世話だ!

会話を録るには十分、納得のお買い物でした。ほんじゃまた。

引越準備中。

ここ、見てる人いないよね?(ドキドキ)

旧ブログはiWebで書いていました。アプリ自体はシンプルで良いのだけれど、元データをMac内で編集してアップしなくちゃいけないから外出先からの更新などできず、機能的にも限られていますので、このクラウド時代、色んなとこから書きたいよな〜で他の手段を検討。充分な機能とステキなテーマが揃ってるWordpress.comに引越することに決めました。

iWebからのインポートはだいぶんややこしいことになりそうなので、とりあえずは後でリンク張ることにでもして、まずはテストにこのエントリを書いています。

それではHello World!