Cosina Voigtländer Nokton 17.5mm / F0.95

Nokton 17.5mm/F0.95 with GH2

仮面ライダーノクトン!RXッ!(そんな奴ァいねえ)

いや本当はスルーしようかどうしようか迷ってたんですよ。便利ズームに加え、いちおう単で広角、標準、望遠と揃ったから、ガマンできないこともない。しかし最近2ショット対話を撮る機会が多くなり、SLR Magic HyperPrime 12mm/F1.6では短過ぎ(しかもゆるゆる)、Nokton25mm/F0.95では長過ぎ、という局面が増えて来たのですね。しかも浪漫のF0.95。例によってLTVなんかだとアホかって暗いシチュエーションの取材が多いから、これは大きなアドバンテージになる。

そしてまた比較的レアなレンズだから、使ってみてしまったと思えばリセールバリューもそうそう下がらない。思い切って発売日にゲットしちゃいましたよ。(そのすぐ後、練馬区収納課 機動整理係なる剣呑な組織から区民税督促を知らされる運命は知る由もなかった)

12mm/F1.6, 25mm/F0.95, 17.5mm/F0.95左からSLR Magic HyperPrime 12mm/F1.6、Nokton 25mm/F0.95、Nokton 17.5mm/F0.95。

25mmと比べて一回り以上大きく逞しくなったのがお分かり頂けるでしょうか?あと並べてみると、17.5mmは非球面レンズ採用だから、口許に”ASPHERICAL”って赤字で書いてあるのが目立つね。

画角以外は良くも悪くも25mmと似たフィーリング。ピントリングはぬるりと快く、解放付近は緩く、絞ってくと段々シャープになるクラシカルな味。オーバーインフ気味なのは好き嫌いあるだろうけど、ボディも様々になって来てる訳で、無限遠出ないより万倍マシ。注目の絞りクリックを切る機構は、なんと切り替えリングを半周回すというめんどくさ仕様で、咄嗟の切り替えは無理そう。でもENG的に使ってると、この機構が役に立つこともあるので、これまた無いより嬉しい憎いあんちくしょう。あと25mmは絞ると光源が角張るけど、17.5mmはまるく写る。

さてGH2で実写してみる。クリックでJPEG元画像、いつものようにヘタクソの手持ちなので資料的価値はナッシング、目安としてご覧あれ。まずはこういう画角が欲しかったのね、な図。なんかKさん他顔写っちゃってるけど、公開前提の撮影だったし事後承諾テンキュ-でひとつ。

Party Snap

もちろん最短撮影距離15cmで超明るいから、薄暗い店内で料理撮るのにも好適。ただ、広角故寄るとそれなりにパース強調されるから、画面一杯に撮りたいなら25mmかな。皿まで入れたいならこっち。

Salad

んで良いなと思ったのがクルマ撮る時。以下はビデオからの切り出しだけど、クルマからそんなに離れずに撮れて、それでいてパースが付き過ぎずいい塩梅に撮れる。ギブリにセブリングって何撮って来たんだって?もう少ししたらLTVに上がるから興味ある人は待っててね。

Maserati Ghibli

Maserati Sebring

天気良くなかったけど、晴海埠頭でちょこちょこ撮ってみる。こっからはまたクリックで元画像ね。下の2枚は絞り解放F0.95、ISO160、シャッタースピード1/4000。換算35mmはいちおう広角だと感じる広さでありますね。等倍で見ると結構緩くて、周辺減光なんかも目立ちます。なあにビデオの解像度なら無問題、味のうち。

Harumi Passenger Terminal

Harumi Passenger Terminal

ちょうど停泊してた海自の練習艦で絞りを試す。いずれもISO160で、上からF0.95(シャッタースピード1/4000)、F2(1/1300)、F4(1/500)。周辺減光はF2まで絞れば気にならなくなるけど、それ以上絞ってっても25mmほどはカリカリにならない印象。

F0.95 example

F2 example

F4 example

まあ25mmが好き過ぎたからそう書いてはいるけど、ズームとか使いたくなくなる素晴らしいレンズであることに変わりはない。最後の一枚は、そこらのポールに仮託したけど三脚なしで、深夜チョイ前の真っ暗な江ノ島。F0.95の威力だねえ。

Enoshima at Night

そんな訳で、マイクロフォーサーズ用Nokton持ってない方は、まず25mm試すことをおススメするけど、17.5mmもきっと欲しくなっちゃう一本ですよ。
ほんじゃね。

PENSLINGER

アクションムービーコンペティションは終わったし、もうひとつコンペ出してるけどそっちは公開縛りがないので、Vimeoで公開しちゃいます。豪華英語字幕バージョン(笑)。トニーさんありがとね。

720pで上げてあるから、プレイヤー左上のタイトルクリックでVimeoのサイトで観たり、プレイヤー右下のボタンでHDオン&フルスクリーンで観てくれるとなお嬉しいです。

ご覧になってもし気に入ったら、ご感想などお聞かせください。

577×銀一×Steadicam

マンフロットの577を探していたんですよ。577ってスライディングプレートアダプター、要はカメラに付けるプレートと、三脚なんかに付ける受け部品の組み合わせで、脱着を簡単にするモノなんですけどね、のっかるカメラ側プレートは501PLって奴なんですけど、これが先の記事でも書いたけどAceのプレートと互換っぽいのですね。んで私KesslerのPocket Dollyを愛用しているのですが、577付けときゃカメラの載せ外し超ラクにならね?と。3RD EYE STUDiOSさんの記事と同じ発想ですな。

んで早速Yカメラ行ったら品切れ、メーカー切れで船便だから何ヶ月かかかるよ、とのこと。なんじゃそりゃー!と中野Fカメラ行くも同じ。なんでこんな地味な部品が売り切れまくってんだよ?なんかトレンドなのか?俺気付かぬうちにトレンディなのか?仕方なし色んなお店に電話しまくる。そうしたら銀一に1個だけ在庫ありましたよ。

「(でも銀一さんだろ……お高いんでしょう?)いくらですか?」

「××円です」

「(お、意外と安い)んじゃ送ってください!」

「あ、通販価格だと△△円なんですよ」

「あ、そうスか。店舗行きます」

銀一スタジオショップは、物流の関係か月島なんて変わった立地にある。この辺には倉庫改装したスタジオもあるから、名前もしっくりくる感じですな。仕事のついでにというには遠いけど、カブ110なら楽しいプチツーリングだぜ。以下記事にするつもりなかったので、写真がiPhoneでナニですがレッツゴー。

Image

店を訪ねてまずは577ゲット。互換っぽいけど確認してなかったので、店頭でAce引っ張り出して試させてもらう。うん、ばっちり。ミッションコンプリート。しかし折角来たんだからウィンドウショッピングして行くぜ。

おお、良さげと評判を聞くFOSTEXの3chミキサー兼レコーダーがもう展示してある。しかもZ-Finder付きと言う物欲そそる仕様w

Image

いやBeachTekのレポート書いてない言い訳じゃないですけど、どう考えてもこっちのが良いスよまるめさん。そりゃ価格差もあるけど、2chは足りないと思うこと多いし、単体できれいな音録れるに越したことないし、筐体もビューティフル、スイッチ類もしっかりした印象。

銀一といえば、最近はステディカムに力を入れている。そういえば今お仕事頂いてるKさんが「世界ふれあい街歩き」みたいなのやりたいって仰ってたな。そこでデモ機があったのでSteadicam Merlinを試させてもらう。

Image

載ってるのは7Dだけど、コシナツァイスが付いてるあたりニクい。んで恥ずかしながらこの手のスタビライザーに触れるのは初めてなんですけど、難しい上にどえらく疲れるなこれ。店内ぐるぐるさせてもらったの数分か10分ほどだと思うけど、鍛えられ過ぎて右腕だけシャツが破れて世紀末救世主になるかと思ったぜ。

「でもMerlinだとベスト&アーム付ける人少ないですよ」

すいません虚弱で。動画野郎は肉体派多いのか。そしてMerlinはいま在庫払底してて、次に入ってくるのはMerlin2になりそう、とのこと。まあ慌てることはない。例によって懐具合も(ry

詳しい人がいたので気になってたことを聞いてみる。

「手ブレ補正付きのハンディカムとか載せると、効果のほどはどうなりますか?」

「切った方が良いです。動きが小さければある程度相乗効果も出ますが、やはりカメラ側が人間の腕の動きに合わせたプログラムになっているので、少し大きい動きになるとカクーンと妙な挙動になります。総合的には切っておいた方がスムースです」

おお。ずばりお答え頂きありがとうございます。で、買うたやめた音頭を踊る間もなく次に目に飛び込んで来たのがこれだ。

Steadicam Smoothee for GoPro

Steadicam Smoothee for GoPro。

これ元々iPhone用があってパリで見かけたけど、いつの間にかGoPro用出てたのね。早速試させて頂く……おお!フィーリング同じで、カメラもスタビライザーも軽い分、全然らくちんだぞ!

「これで慣れてステップアップするのもアリじゃないですか?」

セールストークも巧い!iPhoneじゃさすがになーと思ってたけど、GoProだったらWeb仕事くらいには使えちゃいそうじゃん。しかも安い!2万切り!でも最広角にしたらGoPro超広いからスタビライザーバレそうだし、音声どうすんのよって話もあるし、うっかり買いそうになったが少し考える!

いやしかし、なかなかの品揃えと親切かつ知識ある店員さん、写真も撮らせてくれたし、良いお店ですココ。円高の昨今、私も海外からポチることが多くなってるけど、試せてその場で買える実店舗のメリットってのはなくなることはありません。動画野郎の皆さん、まだなら一度は訪ねてみてね。