おどうぐばこ。

暑い日が続きます。

ご無沙汰しております仁太郎です、皆様いかがお過ごしでしょうか?

て、3ヶ月ぶりだよ!最早logじゃねえ!

すみませんあんなことしたりこんなことしたり走り回っていたのですよ。

そして身軽を身上にしていたのに、なんか最近ワイヤレスマイクその他機材増えちゃったもんだから、どこへ行くにも寸詰まりの弁慶よろしく両手いっぱいの大荷物で汗みどろになり、ヘトヘトで新幹線から降りて丸ビルを見上げては「格差社会……」とつぶやく絵に描いたような負け犬になっておりました。

で、もうバッグをいくつも持つより、でっかくなってもキャリーカートにひとまとめにしようと思い立ち、ギャラも出たのでPelicanの1514を入手しました。

Pelican1514

とにかく頑丈なでっかいケースをお安く欲しい訳だから、アフターサービスは置いとくことにして並行輸入品をヤフオクで。アメリカ現地価格は笑っちゃうくらい安いから通販で買ってもいいんだけど、1コだけ買うと送料も笑っちゃうことになるからね。

本題に戻る。Pelicanって普通は緩衝材のウレタンが付いてるんですけど、このモデルはその代わりに小物をたくさん入れるのに便利なディバイダー仕様になってます。(同じケースでウレタンのモデルは型番が1510)このくらいの大きさがあれば、私が日頃使ってる機材は三脚以外だいたい収まっちゃうのです。

Pelican1514_Inner

普通の業務機でこうは行かん。コンパクトなGH2ならでは。これで飛行機や新幹線に乗る時も、ゴロゴロ引きずってけば楽になるよ!やったねたえちゃん!

さて、軽いコーデュラナイロンのバッグとかでなくPelicanにしたのは、雨風に強いってこともあるんです。てか防水防塵。Pelicanなんて知らねーよというひとも、軍隊警察からダイバー、ミュージシャンまで色んな人が使ってるから絶対見たことあるはず。つまり、こう。

Pelican1514_on_SuperCub110Pro

ほーら、ぴったり。

郵便屋さんがカブのフロントに郵便鞄を乗っけてるの見たことあるでしょ?私のカブもほぼ同じ仕様なので、フロントのカゴを外すと鞄を載せるのに丁度いい作りになってるんです。買う前にカブのステーにメジャー当てて測ったら、Pelicanの寸法の方がちょっとでかい感じだったんだけど、ダメ元で試したら突起物の分とか含まれてたのかホントにぴったり。

Pelican1514_on_SuperCub110Pro

要所要所に家具用すべり止めフェルトを貼って、ゴム紐で止めて完成。カッコいい留め具なんとかしようとか一瞬考えたけど、素人仕事よりゴム紐の方が安心。どうですこの馴染みっぷり、純正品かよ!って勢いです。

さて機材の増減がなければしばらくこれで行ってみますよ!

330UPR and 35BT

330UPR

ある案件で、どうしてもワイヤレスマイクが欲しかったのです。

しかし毎度機材屋さんで借りるには頻度高過ぎ、そして予算なさ過ぎ。

仕方ない、手の届く範囲で買うかと色々検討。民生機だとソニー ワイヤレスマイクロホン ECM-AW3とかCanon ワイヤレスマイクロフォン WM-V1とかカッチョいい上にBluetoothで音が良さそうなのがありまして惹かれました。家庭で使うなら断然おすすめなのですが、マイク筐体がトランスミッターと一緒になっててでかいし、会話を録るには2波は同時に使いたいなあ。そしたら素直に業務用行くか。贅沢を言えば業界標準のRAMSAが欲しいけど、そんな予算はございませぬ。だいたい受信機もENG用で巨大だろ。ということでAZDENのUHF B帯、DV用ラインのを買うことにしました。物色してた頃がちょうど更新時期だったようで、ショップのサイトには新型・330UPRと35BTが載っていましたのでそれに決定。

それから待つこと数ヶ月、なんか知らないけど遅延。そして震災。不躾だけどAZDEN
に直で問い合わせたら、なんだか意外と部品の工場が東北にあるんですって。ああ、大丈夫かな、がんばってくださいね……と思ってるうちに6月、無事発売。良かった〜。

Boxes of 330UPR and 35BTsという訳で神田はSystem5でお買い上げ。ボックスは段ボールにモノクロラベルのみ。余計な化粧無しで好感ですよ。上の細いの2つがトランスミッター35BTの箱。2人の会話を録りたいから2個買いました。下のちょい大きめのがデュアルレシーバー、つまり2波受けられる受信機、330UPRの箱。

330UPR unboxingうりゃさと330UPR開梱。今時らしく発泡スチロールの緩衝材とか無しで、段ボール折り曲げでその代わりになってますよ。入ってるのは本体と、これまたモノクロのペライチ取説と、いくらかの付属ケーブルのみ。シンプルそのもの。アンテナは可動。電源はアルカリ単三乾電池2本。AZDENの銘板は銀色でカッコいいぞ。

35BT and Cigarette box35BTトランスミッター本体の大きさは煙草の箱よりちょっと大きいくらい。筐体は高級感ある仕上げとは言えないけれど、雑に扱われがちな物だからこのくらいの方が惜しくなくていいのだ。35BTにはラベリアマイク(タイピンみたいなマイクね)が1つずつ付いて来ます。ミニプラグ/ジャックに抜け止めのネジが付いててまた良いぞ。こちらも単三乾電池2本で駆動。指定はアルカリだけど、Eneloopでいいよね。

330UPR with GH2

330UPRをGH2に乗っけてみる。でかw というかGH2が小さいんだよね。早くmuuさんのGH2用ケージ完成しないかなあ。実際デュアルレシーバーでこのサイズはどえらくコンパクト。気は心でアンテナを前面にしてみたけど、スイッチの状態確認やケーブルの取り回しからすると後ろ向けた方が良いかな?

んでちょっとテスト。音はAACで圧縮してるから参考にはならないかも。まあこんなもんでしょ。

AZDEN 35BT and 330UPR test from Jintarow Hattori on Vimeo.

痩せろ?ビッグなお世話だ!

会話を録るには十分、納得のお買い物でした。ほんじゃまた。

引越準備中。

ここ、見てる人いないよね?(ドキドキ)

旧ブログはiWebで書いていました。アプリ自体はシンプルで良いのだけれど、元データをMac内で編集してアップしなくちゃいけないから外出先からの更新などできず、機能的にも限られていますので、このクラウド時代、色んなとこから書きたいよな〜で他の手段を検討。充分な機能とステキなテーマが揃ってるWordpress.comに引越することに決めました。

iWebからのインポートはだいぶんややこしいことになりそうなので、とりあえずは後でリンク張ることにでもして、まずはテストにこのエントリを書いています。

それではHello World!